浸水深とは|防災情報ナビ

❤️ PDF 107KB• PDF 203MB• (PDF:54KB)• 透過度を薄くすると、背景地図が見やすくなります。

浸水リスク検索サービス

🖖 これは洪水浸水想定区域を調べるのに特化したサイトで、重ねるハザードマップの浸水シミュレーションよりもさらに詳しい情報を入手できる。

44

浸水深とは|防災情報ナビ

👌 7月29日現在、119河川に関する洪水浸水想定区域図(河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域及びその区域が浸水した場合に想定される水深等を示した図で、国土交通省または都道府県が作成するもの)の検索が可能とのことで、今後データは追加されるとのことです。 本当に効果があるのか、エアコンメーカーに聞きました。

65

洪水浸水想定区域図・洪水ハザードマップ

♻ 「東海豪雨」と「想定最大規模降雨」では、シミュレーションの対象としている降雨規模(降雨量)が異なり、本サービスでは、降雨規模を切り替えてそれぞれの降雨による浸水リスクを表示することができます。

68

報道発表資料:知りたい場所の浸水リスクがWEBサイト上でわかります

♥ PDF 5. 本サービスに掲載している画面などの無断転用を禁止します。 平成27年7月31日 自宅などの地点をWEBサイト上で指定することにより、• PDF 103KB• <浸水深と浸水程度の目安> ・0~0. 降雨は、想定最大規模降雨と東海豪雨の2種類があり、想定最大規模降雨の方がより降雨量が大きい(発生頻度が低い)雨です。

17

洪水浸水想定区域図・洪水ハザードマップ

⚓ メッシュサイズについても、「東海豪雨」は50mメッシュ、「想定最大規模降雨」は10mメッシュとしています。 関連リンク• わがまちハザードマップ(出典:ハザードマップポータルサイト) わがまちハザードマップで調べられる各自治体のハザードマップは、PDFファイルで提供されていることが多く、プリントアウトしたり、他の人と共有したりする場合にも使いやすい。 どの河川が氾濫した場合に浸水するか• さいたま市の自宅で警報を受け、家族で避難所に向かった筆者の体験記。

66

浸水ナビを利用して住まいや職場のリスクを確認しておきましょう!

😈 対策グッズとして養生テープが話題に上がっている。

53

洪水浸水想定区域図・洪水ハザードマップ

💋 そのような先人たちのモニュメントを、国土地理院が6月から「自然災害伝承碑」として地図に掲載する取り組みを始めている。 また、浸水想定区域内にあり、洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保又は洪水時の浸水の防止を図る必要がある施設として市町村地域防災計画に名称及び所在地を記載された地下街等、要配慮者利用施設(社会福祉施設、学校、医療施設その他の主として防災上の配慮を要する者が利用する施設)、大規模工場等については、避難確保・浸水防止計画等の作成、訓練の実施、自衛水防組織の設置等を行うこととされており、市町村からは当該施設の所有者又は管理者及び自衛水防組織の構成員に洪水予報等が直接伝達されます。

51

浸水ナビを利用して住まいや職場のリスクを確認しておきましょう!

🤙 国土交通省及び都道府県では、に指定した河川について、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水害による被害の軽減を図るため、想定し得る最大規模の降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定し、指定の区域及び浸水した場合に想定される水深、浸水継続時間を洪水浸水想定区域図として公表しています。 洪水氾濫等によりどのような浸水被害が想定されるのかについて事前に認識を深めていただき、出水時の水防活動や避難行動等に活用していただきたいと考えております。

96

洪水浸水想定区域図・洪水ハザードマップ

😗 これは、や内水氾濫、津波などによって、市街地や家屋、田畑が水で覆われる「」の際に、地面から水面までの高さ(深さ)を意味します。 また、年度内を目途に、内水・高潮の浸水想定区域図データの検索も可能となるよう拡充予定です。 一方、市町村では、浸水想定区域をその区域に含む市町村の長は、洪水浸水想定区域図に洪水予報等の伝達方法、避難場所その他洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な事項等を記載したを作成し、印刷物の配布やインターネット等により、住民の方々に周知しています。

洪水時の被害を最小限に抑えるためには、住民の皆さん一人一人や企業などが平時より水害による被害のリスクを認識したうえで、氾濫時の危険個所についての情報を知っていただくことが何より重要になります 地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)はをクリック. 背景地図に重ねて表示している浸水深の色表示は、「薄く」又は「濃く」ボタンで、透過度を変更することができます
前回、紹介した「ハザードマップ」と併せて利用したいのが、過去の地名や建造物が記された古地図を見られるWebサイトやスマートフォンアプリだ この「浸水ナビ」は、 (1)どの河川が氾濫した場合に浸水するか (2)河川の決壊後、どれくらいの時間で氾濫水が到達するか (3)どれくらいの時間、浸水した状態が継続するか などの浸水リスクを簡単に把握できるものとのことで、利用者が調べたい地点の浸水リスク等をアニメーションやグラフで表示させることができます