企業調査サービスデータの信頼性


企業調査サービスの信頼性について

  信頼のできる複数のデータソースをもとに客観性と信頼性の高いデータを提供

多くの米国企業調査企業はコスト削減のため、電話かメールで会社情報を収集しています。調査対象が非上場会社や中小企業の場合、売り上げや利益などの数字は、社長か担当者の自己申告となる場合がほとんどです。

当社ではデータの信頼性を向上させるため、企業に関するデータを自己申告に頼らず、取引先、銀行、政府機関といった複数の信用できるデータソースをもとに収集しています。このためデータの客観性に優れ、信頼性の高い情報を提供することが可能です。年商や利益などの数字が他社の調査データと異なる場合があるのもこのためです。

  政府機関、連邦破産裁判所ほか16兆もの公共情報を検索し、レポートを作成

お届けする情報は、全米50州を網羅する政府機関、連邦裁判所、州裁判所、地方裁判所、ソーシャルセキュリティーオフィス、ナショナルクレジットレポートエージェンシー、連邦破産裁判所、電話会社、民間データベースなどから、横断的に16兆の公共情報より検索し、レポートを作成します。

企業調査サービスデータの信頼性 - 米国企業情報・信用調査・アメリカ人雇用前調査なら安心のインフォキュービック